宅地建物取引主任者の必要性

宅建は開業しやすい資格

宅建業を営むには、宅地建物取引主任者の資格が必要です。不動産の営業として活躍し、独立開業する方が多いのかもしれません。独立というと弁護士や税理士などが有名ですが、宅建の資格も独立に向いているといえます。試験の難易度も他の難関資格と比べても高くないので、積極的に取得を勧めることができる資格試験です。宅建は学生から営業マン、主婦にもお勧めの資格だといえます。難易度が高くないといっても、やはり勉強は必要です。毎日、コツコツと継続するのが合格への近道ですね。